・まつ毛エクステは繊細な作業

まつ毛エクステの施術はとても繊細な作業です。
ピンセットを二本も使って、しかもお客さんの目元にそれを近づけるのですから、慣れないうちは本当に怖いですよ。
勿論それはアイリストだけではなくて、施術されているお客さんもそうだと思います。
私も最初まつ毛エクステの施術をしたときは少し怖かった覚えがあります。

スクールに通っている私は友人をモデルとして連れていき、日々まつ毛エクステ施術の練習をしていますが、未だに怖いと思う時があります。
友人もやっぱり多少怖かったと後で話していました。

いかにお客さんに恐怖心を与えないかというのもアイリストに必要とされるスキルのような気がします。
私が目指すのは正にそういう、お客さんの恐怖心を少しでも和らげ、安心して施術を行い、施術が終わった後は心から笑顔になれるような、そんなアイリストを目指しているんです。

・欠かせない用品

アイリストの仕事には沢山の専用道具や用品を使用します。
それぞれにきちんと役割があり、使う道具なんかも結構あります。

まつ毛エクステの施術で欠かせないのがグル―です。
グル―というのは簡単に言うと接着剤です。
お客さんのまつ毛に人口のまつ毛を接着する為の用品です。
manekin
このグル―にも様々な種類があり、プロのアイリストが使うものと、個人が趣味で使用するものとでは効果や作用が変わってきます。
私が使っているグル―は接着力が強く、刺激が弱いタイプのものなので、使用しても目が痛くなるという事はあまりありません。
あまり良くないグル―だと刺激が強く目にしみる為施術中にお客さんがボロボロと涙を流す事もあるみたいです。

また商品によっては持続性が良いけど接着に少し時間が掛かる、持続性には劣るけど接着に掛かる時間は早い、という風に特徴がそれぞれあります。
リムーバーもアイリストには必須の用品です。
リムーバーはネイルなどをした事がある人は馴染みのある用品かもしれませんね。

これはエクステを外したり、グル―を落とす事が目的の用品です。
これにも色々な商品があって、私が使っているのはまつ毛専用のリムーバーです。
趣味でまつ毛エクステをやっている人はネイル用のリムーバーを使用する人もいるようですね。
なるべく目にしみにくい商品を使うと目が痛くなるといった心配もありません。

そしてアイリストに欠かせない用品がエクステです。
これが無い事には始まりませんよね。
人口のまつ毛で、グル―を使用してお客さんのまつ毛に施術するんです。

このエクステにも、束になったものやそうでないもの、扇状になったものなど色々なエクステが存在しています。
お客さんがどういった仕上がりにしたいかによって選択するエクステも変わってくるんです。
これをどう選んでどう使用するかというのがアイリストのセンスと技術ですね。

・練習方法

あと、アイリストの練習用に重宝するのがマネキンです。
マネキンを利用するというのは私は美容学校で当たり前に行っていたので馴染みもあります。
まつ毛エクステ練習用のマネキンというものが販売されているんで、普通はそれを使います。

結構ピンキリなんですが、最近のマネキンはとてもできが良いので練習し易いですよ。
私は最近はもう殆どマネキンは使わずに友人をモデルにして練習していたのですが、最初のうちはひたすらマネキンを使って練習していました。

やはりマネキンと実際の生身の人間とでは随分違ってくるのですが、基本を練習するにはマネキンがベストです。
最初のうちはなかなかマネキン相手でも上手くいかないですからね。
まずマネキンでしっかりと基本を学んで、それから人間のモデルで練習していくといいと思います。
マネキンの中には数千円で買えるものもあれば、数万円するものもあります。