元旦は実家で

アイリストを目指すなら学校へ

美容師の資格はもっていますが、アイリストに憧れてスクールに通う日々です。
アイリストとして自分がやっていけるのか、美容から少し離れてしまいますが自分の夢は叶えたいと考える毎日が充実しています。
高校を卒業して、美容の専門学校へと通いました。
そして美容師の資格を無事にとことができましたが、最近アイリストという職業を知り調べていくうちに興味が強くなっていきました。

現在の目標はフリーランスで働くことです。
できれば独立もしたいと考えていますが、今通っている学校でそんな話をすると簡単な道のりでもないのかと実感しました。

学校が実家から離れているので、一人暮らしをしながら勉強しています。
自分の考えとしては、学校を卒業してからすぐにといった気持ちがありますがやはりどこかに就職してからでないと難しいのかもしれませんね。

実際フリーランスで働いている人や、美容院の中に入り働いている人の話を聞いてみると各学校のレッスンの内容にも、そしてフリーランスとしての働き方によっても卒業後にすぐ働けるかそうでないかが分かれると言う話もありました。

今の生活のなかで勉強とレッスンはすごく自分にとって厳しい状況ですし、時々諦めてしまおうかという気持ちにもなります。
ですがアイリストとしての夢を叶えたいのです。

目指すはアイリスト、でもお正月は息抜きを!

アイリストとして活躍している自分を想像しながら、学校へ通っているなか正直ストレスも溜まりますし諦めの気持ちも出てきてしまいます。
頻繁に実家に帰ることはできませんが、元旦は実家でゆっくりと気持ちも体もリフレッシュしなければと思うのです。

実際、お正月になって実家に戻るとまた違った世界があり、とても刺激になります。
アイリストといった人は田舎にはいません。
もちろん美容室はありますが、都会とは違いがありすぎますね。

実家に帰るだけで、もしかしたら実家の方で自立してアイリストとしてやっていけるのではないかと言う考えすら出てきてしまいます。
若い女性たちは、自分を磨くのに時間をかけて遠くまで足を運んでいるのですから。

地元に新しい風を吹かせることができるのではないか、自分だけのサロンがもてるかもしれない。
こうした考えも実家に帰ったことで考えられるようになるのです。
その反面、いまある学校付近で就職して経験と技術を磨いていったほうがいいのかどこかのサロンで働きそして委託といった形でフリーになったほうが客がもてるのか。

考えることがたくさんありますし、アイリストとして立派にやっていく自分を想像しながら頑張っています。
学校に通いながら自分に自信が持てるようになってきていることも、美容師よりも自分にあっているのではないかということも、実感しながら無事に卒業できることを望んでいます。