・私のコンプレックス

人というのは多かれ少なかれ自分の容姿にコンプレックスを抱いているものです。
それは体型であったり、顔であったり、自分の暗い性格だったりします。
人間の数だけその悩みやコンプレックスは存在するはずですし、今でもそのコンプレックスの為に夜も眠れない日々を過ごしている人は沢山いるのではないでしょうか。

かつての私が正にそれでした。
私の悩み、コンプレックスというのがいわゆるまつ毛でした。
明らかに周りの友人達よりまつ毛が少なく、また短かったのです。
自分ではそれほど気になっていなかったのですが、ある時周りの誰かから指摘されて以来ずっと気になっていたのです。

・まつ毛エクステに魅せられて

そんな私が生まれ変わる事が出来たのは間違いなくまつ毛エクステのお蔭です。
それまでつけまつ毛などを毛嫌いしてきた私ですが、騙されたつもりで一度まつ毛エクステを試してみて、その魅力にすっかり魅せられてしまいました。

そんな私はアイリストを目指して今頑張っています。
自分の人生を大きく変えてくれたアイリストという仕事に魅せられてしまったのです。

アイリストというのはいわゆるまつ毛エクステを施術してくれる人の事です。
今では多くのまつ毛エクステ専門サロンなどがありますよね。
このアイリスト、私は当初資格などがいらない仕事だとずっと思っていました。

しかし、驚いた事にアイリストになるには美容師免許が必要なのです。
「何故まつ毛付ける施術に美容師免許?」と思っていたのですが、やはり自分勝手な施術をして目にトラブルを抱えてしまったり、ほとんど知識のないような人がサロンを運営してお客さんとトラブルになったりなんて事が少なからずあったようです。

>>まつ毛エクステのトラブル<NAVER まとめ>

色々なトラブルがあるようですから、ちゃんと注意しないといけませんね。
そこで今はアイリストになるには美容師免許が必要、と定められているんです。

・アイリストへの道

私がアイリストになろうとしてまず始めたのが美容師免許獲得の為の勉強です。
近くに通えるような美容学校が無かったので、通信制の美容専門学校の授業を受ける事にしました。
今は通信制の美容学校なんかも増えたのでとても便利ですよね。

通信制学校の良いところは何と言っても自宅で勉強が出来るところ。
わざわざ学校に通って、という時間が必要ないのでその分勉強や自分の時間に充てる事が出来るのが嬉しいですよね。
結局私は当初の予定通り三年間で学校を卒業し、晴れて美容免許を取る事に成功したのです。
勿論美容師になるのが最終目的ではなく、あくまで私が目指しているのはアイリストなのでまだまだこれからが本番というわけですけどね。