中学校や高校なんかで何度も試験は受けてきたんですけど、美容師免許の国家試験の時ほど緊張した事はありませんでした。
試験会場にいる人達はみんな私の何倍も頭が良さそうで、技術もありそうな人ばかりでした。
もしかしたらその人達も私を見て同じ事を考えていたのかもしれませんが、とにかく試験会場での私はずっとそわそわしっぱなしでした。
美容師になる為の国家試験は学科と実技の二つがあります。
先にあるのは実技試験で、それが終わると一ヶ月先に学科試験があります。
実技の練習には基本的にマネキンを使います。
このマネキンが意外と高くて、補習なんかを受ける為にも必要なので相当お金は掛かりました。
結局合格はしたのですが、合格までに使ったお金は相当なものです。
当然貯金なんかも底をついてしまいました。
学科試験に関してもとにかく勉強しました。
過去の問題なんかを入手して、とにかく反復して勉強していましたね。
とにかく一発で合格という事に拘っていた私は、絶対に落ちるわけにはいかないと自分をとことん追い込んで、どんな問題が出ても絶対に答えられる、というとこまで勉強しました。
その甲斐あって試験は一発で合格。
後にも先にもあんなに勉強した事は今までの人生で一度もありません。
結果的に合格出来て本当に嬉しかったですね。