・スクールの選び方

アイリストになる為にスクールに通う人が増えているようですね。
少し前まではアイリストという職業自体あまり一般的には馴染みのない職業だったのですが、今ではサロンも沢山存在しますし、ファッション雑誌などに取り上げられる事によって知名度も高くなってきたようです。
スクールも沢山ありますよね。

インターネット上には沢山のアイリストスクールのホームページやウェブサイトがありますものね。
スクールも本当にピンキリなのでなかなか選ぶのは苦労すると思います。
私もとても迷った挙句に家から近くて一番信頼できそう、という理由で選びましたから。

授業内容やコース内容、授業料なども大きく違う事があるので、スクールを選ぶときには一つのスクールだけに絞るのではなく、沢山のスクールのウェブサイトなどに目を通したほうが良いです。
資料請求も出来れば沢山して、慎重に選んだほうが後々後悔する事はないと思いますよ。
アイリストの養成スクールでは日々実技の練習をします。

・モデルさんの確保は大変

私の通うスクールでは趣味でまつ毛エクステを自分に施術するコースとプロを目指し、その後開業までをトータルでサポートしてくれるというプロ養成コースがあります。
私は勿論プロ養成コースです。
スクールのではモデルさんを使ってまつ毛エクステの練習をします。

まあスクールによっても違うのかもしれませんが、多くのスクールではモデルは自分で用意する事になっています。
私も毎回友人に声を掛けて手伝って貰っています。
勿論まつ毛エクステに興味ある友人や、美容に気を遣っている友人なんかは割とノリノリで協力してくれるんですけどね。

基本的にモデルとなってくれた人から施術料なんかは頂かないので、モデルからすると「無料でまつ毛エクステしてもらってラッキー」と言ったところなんでしょうかね。
ただ、まつ毛エクステって一回施術すると三週間くらいそのままにしておけるので、その三週間以内には同じモデルを使うというのは難しいんです。

だから毎回違うモデルを探す必要があるのですが、これがなかなか見つからない。
周りの仲の良い友人には声を掛け尽くしてしまったし、まつ毛エクステに興味のある身内もいないので本当にモデルの確保は大変です。
スクールによってはスクール側でモデルを用意してくれる事もあります。

・モデルさんの探し方

私のスクールでもモデルを用意して貰う事は可能なんですけど、その場合お金が掛かっちゃうんですよね。
一度くらいなら良いんですけど、これが何回も続くようだと財布の中身が相当ヤバい事になります。
結局私の場合は友人に協力して貰って、友人の友人、友人の彼氏の妹、もしくは姉、など徹底的に周りを巻き込んでますね。
まあ幸いみんな優しくて良い人ばかりなので、嫌な顔をされた事は一度もありません。

みんな施術が終わったあとは喜んでくれるのでそれが唯一の救いですかね。
私なんかはこうやって何とかモデルを見つける事が出来るのでまだ良いほうです。
中には毎回モデルが見つからずに、スクール側で用意して貰っている人もいますからね。
スクール側で用意してくれたモデルっていうのは基本的に施術無料は当たり前、その上モデル料金を支払っている事が多いので、生徒からすると負担になってしまうんですよね。

だからみんなモデルの確保には必死になっています。
最近ではよくインターネット上のSNSなんかでもまつ毛エクステのモデルを募集している事がありますね。
何度か見かけた事ありますけど、これはこれで良い方法だと思いますね。

美容関連のコミュニティなんかに入っている人なら比較的簡単に引き受けてくれるような気がします。
まあ私の場合は一度も会った事ない人にモデルをやって貰うというのはまだ少し怖いので踏み切れませんが。